飲食店の店長の仕事とは?知っておきたい業務内容

飲食店の店長の重要な仕事を価格設定

飲食店の店長は、たくさんの業務を行っていく必要があります。オーナーや社長から店の経営の一切を任されることになるため、その責任は重大です。代表的な仕事の一つは、その店で提供するメニューの価格設定を行う事かもしれません。一部、大型チェーン店の場合は、グループ全体で統一価格が設定されているケースもありますが、そうでない場合はこの価格設定を行う必要があるでしょう。その設定如何によって、店の売上げは大きく変化しますので、最も重要な仕事の一つだといえるでしょう。

飲食店の店長はアルバイト管理も大切な仕事

通常、ある程度の規模の飲食店になると、ホールやキッチンの業務についてアルバイトを雇うことになるケースが多いでしょう。そのため、店長は、このアルバイトの勤務評価をして時給管理をしたり、シフトを管理する業務も行う必要があるはずです。また、人員の過不足をよく確認をして、不足している場合は求人を打ち、採用面接なども行うことになるでしょう。アルバイトのモチベーション管理も重要な仕事の一つです。これがうまくいくことでサービスの質を上げることに繋がるでしょう。

飲食店の店長は仕入れ管理と売り上げ管理も行う

飲食店の商品はその店が提供する料理メニューでしょう。そのメニューを提供するためには、料理をするために欠かせない材料を不足なく仕入れる必要があります。しかし、不足を恐れてむやみに仕入れ量を増やすと、無駄が生じてロスコストが発生してしまいますから、適切な仕入れ量の管理も店長の重要な仕事と言えるはずです。そのため、常に売上げ量をにらみながら仕入れ量を決めるように気を使っていく必要があるでしょう。商売の基本は仕入と売上をうまく回すことかもしれません。

飲食店の譲渡はサポートを行っている専門の業者に相談をすれば、スムーズに実行することが出来て良いといえます。