重要!店舗物件を居抜きで探す際に知っておきたいこと

居抜きは退去者・入居者双方にメリットがある

新たに店舗物件を探している場合は、居抜きの物件に絞って探すことも得策です。居抜き物件とは前の入居者が、物件内の造作などをそのままにして退去する物件のことです。新しく入る入居者にとっては、ゼロから店内設備を準備する必要がありませんので、費用も手間もかからずにオープンまでの時間を短縮することが可能です。また退去者にとっても原状回復の必要がありませんし、設備を処分する為の費用もかからないなどメリットがあります。

雰囲気の似ている物件を探す

居抜きで物件を探す場合は、出来るだけ雰囲気の似ている入居者が使っていた物件を探すことが必要です。業種が一緒であることはもちろんですが、お店の雰囲気も似ていなければ結果的に内装を変えるなどの手間がかかってしまいます。不動産会社に相談して居抜き物件を探すことになりますので、出来るだけ多くの情報を持っている不動産会社に相談することが良い物件に巡り合える秘訣です。場合によっては表に出していない情報を提供してくれるなどメリットもあります。

買取る造作は充分に確認する

居抜き物件はオーナーとの賃貸契約とは別に造作の買取を行う必要があります。造作の買取は前の入居者から行うのですが、事前に状態などをチェックすることが重要です。一般的な市場価格よりも割安で造作一式を買取ることが可能ですし、前の入居者の退去日が近い場合は無料に近い値段で買取ることも出来ます。しかし状態が良くなかったり、使い勝手が悪いなどの理由で造作を買い換えることになった場合は、新しく購入する費用だけでなく、処分する費用も負担しなければいけません。結果的に居抜き物件の割安感が無くなってしまう恐れもありますので、造作の確認は怠らないことが大切です。

店舗物件には様々なタイプが存在しているため、商売の内容に合ったタイプの物件を選ぶことで売り上げアップが期待できます。