あれこれバラエティー豊富な賃貸物件の種類

大家さんは誰だ?不動産物件の分類方法

一人、または夫婦での生活に賃貸は手軽で面倒な管理も少ないので便利なことでしょう。不動産会社が取り扱う賃貸物件は主に自社物件、管理物件と分けられております。その中でも自社物件は不動産会社が一貫して管理しているものであり、仲介手数料が発生しないというのが特徴です。また、何かの不備があった場合でもすぐに対応してもらえることがあります。一方、管理物件は個人の大家などが不動産会社に管理を依頼しているものです。自社物件同様、何かあった時の対応は早い傾向にあるが、入居時に仲介手数料が発生することが多いです。

賢く選んでライフスタイルにあった間取りを借りよう

賃貸物件は平成に入ってから一人暮らしをはじめ、夫婦や大家族まで様々な世帯が利用している傾向にあります。そのため、豊富な間取りが存在し、その中でも1Rや1K、1DKは最も一般的な賃貸物件でしょう。さて、これはどういう意味でしょう。まず1Rはキッチン、居間、バス、トイレなど、生活に必要最低限の設備が備わっていることを表しており、バス、トイレ付きのビジネスホテルにキッチンをつけた部屋がイメージ的に近いですよ。一方、1Kはキッチンスペースと居間との境目にドアがあり、1DKは居間、キッチンスペースともにゆとりのある広さとなっています。

共同生活?個室?部屋のタイプはどれがいいの

賃貸物件と聞くと生活空間が一部屋づつ仕切られており、完全にプライバシーが確保されやすいというイメージですが、一部では共同トイレや玄関など、プライベート空間が居室一部屋しかないルームシェアに近い形の共同生活型の賃貸もあります。特に都市部では家賃が圧倒的に安いため、若い世代や日雇い労働者に人気があります。また、共用部分が多いほど、住人とのコミュニケーションが取れやすいのが特徴です。自分のライフスタイルに合わせて考えるのも面白いかもしれませんよ。

賃貸物件を探す場合であれば、どのような物件がいいのか具体的にイメージすることが大切です。キッチンのこだわりは人それぞれ異なるので、自分ならではの視点で選ぶことが大切です。